忍者ブログ
民事再生 個人再生 任意整理などを、をテーマに借金問題解決の糸口を探します
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

貸金業者から見た連帯保証人
借金をした本人に連帯保証人を求める時点で、主債務者の返済能力が、借りる金額に対して不安がある場合が多いことが考えられます。連帯保証人をつけることで、借金回収のリスクを減らす一つの方法ですね。

貸金業者側にしてみれば、どちらから回収しても良いわけで、ましてや、連帯保証人のほうが回収しやすい場合もあります、実際、顧客確保のため、明らかに、返済能力が劣る人に保証人をつけさせ融資する業者も在りました。

連帯保証契約を取りやすくするため、最初の融資額を低額にして連帯保証契約を結びやすくする根保証付連帯保証をさせるところもあります。

さらに給与の差し押さえなどの、強制執行ができる公正証書を作らせるために印鑑証明書の提出と公正証書を作成しても良いと言う委任状を提出させるところもあります。

悪質なところでは、白紙の委任状に署名捺印させるところもあります。こうして借金をした本人よりも、確実に回収できる書類を連帯保証人に用意させてもらうわけです。

PR
ブラックリストと言われている物の正体

ブラックリストといわれるものは法律的には存在しません。この正体は、貸す側のあなたに対しての信用の情報のリストです、

あなたがローンなどの契約をする際に貸す側が、その情報を元に貸し出しをするか、の決定をする判断の材料のひとつです
 
お金を借りたり、住宅ローンを組むときに、この人はお金を貸しても大丈夫だよとする判断の材料です
 
住宅ローンを組んだり、お金を借りるときに、契約書の約款に
信用保証協会の保証を受けられる人である事、これは、信用保証協会があなたの保証人になってくれるというところです。
 
あなたに支払い事故などあった場合はこの保証協会の保証を受けられなくなる可能性があります、
可能性というのは、最終的には、協会の基準に照らし合わせて
権限を持つ人が最終的には決定するのが通常です。
 
次に信用情報機関にあなたの信用の情報を登録されます、これは、支払い事故情報など、返済に必要な情報を登録する機関で
支払い事故情報などなどが載ります。これは通常5年間は登録されています。
 
すべて通常と書いてあるのは権限を持つ人のさじ加減ということです、
 
事実、借金の時効寸前まで逃げ回り、ある日一部の信用保証会社に渡った債務を、一括返済し和解した日に、担当者から電話があり、「情報を消しておきますね、ありがとうございました」
の一言で今まで、通らなかったカードも一発審査通過、おまけに、住宅ローンも審査を通過するという事実があります、
 
その人の、情報が一切消えたため、住宅ローンを組むとき、この人は、なにものだ、という質問があったようです
 
ブラックリストとは貸す側の情報リストであり、協会の情報は
5年位で消えるが、各会社のリストには残る、しかし貸すか貸さないかは、各、会社側の采配ひとつです。
 
この人は3000万円の住宅ローンは、OKですが、10万円のクレジット、が通らない不思議な現象が起きました。

連帯保証人ちょっとなってくれない?こんな気楽なほど、たやすいものではない。
連帯保証人は、その人の借金を、肩代わりする覚悟が必要なぐらい重いものです。

この連帯という言葉が、つくとつかないでは大違い、この連帯がつくと借金をした人が
返済不能状態になった場合、連帯してその債務を返済しなくてはなりません。

通常債権者は何の前触れもなく、連帯保証人に、金かえせ~と督促を、かけてきます。
このときの請求は、借金をした人は当然、期限の利益を喪失しているので、

残債務額一括請求されます。一括で連帯保証人が返済できない場合、その借金が返済
されるまで、延滞損害金が発生します。

バブル時代、借金を申し込んだ本人には返済能力が明らかにないのに、連帯保証人を
複数たて、その連帯保証人から回収する事を目的にする、融資方法をとっていた
金融業者がありました。

お金を実際に借りた本人は、数回の返済をした後、夜逃げをしてしまい、即日連帯保証人に請求
それまで本人は相手が夜逃げをした事など何も知らず、このとき初めてやられたと気がつきます。

連帯保証人になったAさんの実例

工場を経営していたAさんは、取引先のBに頼まれ、つなぎ融資を受けるのに
保証人になってもらえないかと頼まれ、気軽になってしまった、

しばらくすると、金融業者からの手紙が届き、不審に思ったAさんは
取引先に向かうがそこはもう、もぬけの殻、Aさんは、もうその金融業者からの
とてつもない督促攻撃にあう羽目になってしまった。

そのときの遅延損害金は、年56% \(◎o◎)/!
これが違法か順法かは、グレイだが、(明らかに違法)知識のないAさんは途方にくれる事となる。


逃げられないですよー、お話しましょー、とTELが来た。
給与を差押えるためには、裁判所に訴訟をおこして判決をもらい、裁判所から債権差押命令が必要です。この債権差押命令が発せられて初めて、金融業者は債務者の給与を差押えることができます。

しかし
公正証書を取られている場合は、すぐに差し押さえられる危険性がありますので、早急に弁護士などの専門家に相談するのが良いでしょう。

債務整理の基礎知識
 ここでは,債務整理を進めていく上で必要な基礎知識についてまとめてあります。
 債務整理とは何か

債務整理の種類
 債務整理とは,一般に多重債務を抱え自力での返済を続けて行くのが困難となった場合に,法的手段によって債務を整理することをいいます。
個人向けの債務整理の方法としては,主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。各方法の具体的内容については随時更新していきますが簡単に説明すると以下のとおりです。

任意整理
 弁護士が各債権者(カード会社、商品を購入したときのクレジット会社など)と個別に交渉し,残債務(借金、クレジットで買った商品など)の支払いに関し和解を成立させます。
 
債権者が金融業者(キャッシングした、カード会社など)である場合,利息制限法による引き直し後の残元本を大体3年間程度で分割返済するといった約束で和解を成立させるのが一般的です。


個人再生
 裁判所に個人再生(正確には「小規模個人再生」または「給与所得者等再生」)の申立てをして,残債務を法律の定める一定額まで減額してもらい,それを3年間(特別な事情がある場合は5年間も可)で分割返済します。

自己破産
 裁判所に自ら「破産手続開始」及び「免責許可」の申立てをします。概ね時価20万円以上の財産がある場合は処分され債権者に配当されますが,免責が許可されれば残りの借金やクレジットやローン返済は一切免除されます。

傷が深くなる前に勇気を出して
m ad
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
KAZE
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 借金問題解決【民事再生】 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

サルでもわかるFX